社会人に合わせた開講形態
 
 

平日の夜間と土曜日に開講します。2部とも呼ばれますが、最近は昼夜開講制に移行しているところが多いようです。



昼夜開講制とは、「昼間主コース(昼間の授業を主として受講する)」、「夜間主コース(夜間の授業を主として受講する)」を設け、昼間及び夜間の双方の時間帯において授業を行う制度です。ただし、昼間主コースでは昼間のみの受講で卒業可能なこと、また夜間主コースでは夜間の受講だけで卒業可能であることが定められています。仕事と学習を両立させたい社会人学生は、このうちの夜間主コースを選択することになるのが普通です。



大学通信教育参照



正式な入学はせずに自分が必要とする特定の科目を学ぶもので、単位も認定されます。とくにこの分野のこの部分だけ受講したいという方にはおすすめです。学校の教職員の受験資格のために必要な単位を取得するためというように、資格取得に必要な単位を取る利用法もあります。もちろん受験は不要です。



正式な入学はせずに自分が必要とする特定の科目を学ぶものですが、科目等履修と違って単位を取得することはできません。受験は不要です。



所定の年限で卒業が無理と思われる場合に、入学時に「長期履修学生」として申請し、通常の修業年限より1~2年長い期間で修了するよう履修計画を立てて在籍することができます。実際には大学院で実施されている場合が多く、学部での実施例は少ないようです。



大学外の人に向けて開かれた講座です。受講回数も1回ないし数回で、短期間で修了できます。単位認定などもありませんが、正規の入学や科目等履修生・聴講生などに比べて、時間的にも経済的にも気軽に受講できます。全国のほとんどの大学・短大・専門学校が実施しており、内容も資格取得の試験対策のような実践的な講座から趣味的なものまであらゆる分野にわたっているのでおおいに利用されるべきです。








学校名
研究科/専攻
大学
北海道医療大学 ■薬学部/薬学科
■歯学部/歯学科
■看護福祉学部/看護学科臨床福祉学科
■心理科学/部臨床心理学科・言語聴覚療法学科
国際医療福祉大学

■薬学部
■医療福祉学部/医療経営管理学、科医療福祉学科
■保健医療学部/看護学科理学療法学科、作業療法学科、言語聴覚学科、視機能療法学科、放射線・情報科学科
■小田原保健医療学部/看護学科、理学療法学科、作業療法学科
■福岡リハビリテーション学部/理学療法学科、作業療法学科、言語聴覚学科

東京福祉大学

■教育学部/教育学科(通学・通信)
■社会福祉学部/保育児童学科(通学・通信)
■社会福祉学部/社会福祉学科
・社会福祉専攻 社会福祉コース(通学・通信)/介護福祉コース(通学)
・精神保健福祉専攻(通学)
・福祉心理専攻(通学・通信)
■短期大学部/こども学科(通学・通信)

聖学院大学 ■政治経済学部 /政治経済学科・コミュニティ政策学科
■人文学部 /欧米文化学科・日本文化学科
■人間福祉学部 /児童学科・人間福祉学科