スペシャリストを養成する専門学校は、高校卒業生ばかりでなく大学生のダブルスクールの一方の学校として、また社会人の知識や技術を磨く場、資格取得を目指す場として人気を集めています。また卒業資格も、これまでは2年制以上の学科の卒業者に「専門士」の称号が与えられていましたが、平成18年3月からは「高度専門士」という称号が新設され、4年制以上の学科の卒業生に与えられることになりました。また4年制(総授業時間数が3,400時間以上)の卒業者には大学院への入学資格が与えられることになり、専門学校の修了資格は「大学と同等の学力」があると評価され、進学や活躍の場もさらに広がりました。



専門学校で習得できる知識や技術は、直接、就職や仕事に役立ちますし、自分の“専門”をもっている強みは就職や仕事を進めていく上でとても有利です。特に、社会人のみなさんが仕事にチャレンジする時には、強力にバックアップしてくれることでしょう。

「社会人の就職を有利にする スペシャリストへの道・・・28のコース」には、専門学校の各学科で習得できる専門職を28分野に分け、その中におよそ140のスペシャリストを示しています。また28分野で取得できる資格等も解説しました。

各分野の内容やスペシャリストを見比べ、みなさんにピタリ合う道を選んでください。専門学校で努力すれば大きな未来が開けることは確かです。



Copyright (C)2002 Japan Institute of Lifelong Learning Organization. All Rights Reserved.
一般財団法人 日本生涯学習総合研究所