社会人の就職を有利にする
スペシャリストへの道・・・28のコース


多くの専門学校では社会人を受け入れる態勢が整っています。社会人への便宜を図り、働きながら学ぶことも可能な専門学校もあります。
社会に出ていろいろな経験をつみ、今、新たな未来へ踏み出そうとするみなさんに紹介するのは、就職を有利にする以下の28のスペシャリストです。どの道に進むか、よく検討して最適な進路を見つけてください。




■28のコース


●表中の「取得可能な資格」にある資格の種類

<国> 国家資格 → 国が法律に基づいて省庁の名前で与える資格

(A)指定の専門学校を卒業すると無試験で取得できる (B)指定の専門学校を卒業し、資格試験を受ける (C)専門学校を卒業した後、実務経験を経て取得できる (D)指定の専門学校を卒業した後、実務経験を経て資格試験を受ける (E)専門学校で資格試験のための教育を受ける

コンピュータ(システム・IT関係)

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■情報処理科

■情報工学科

■情報システム科

■Webシステム科

■ITネットワーク科

◆システムエンジニア

◆プログラマ

◆ITエンジニア

◆カスタマーエンジニア

◆インストラクター

●基本情報技術者<国>(E)
情報技術全般について基本的な知識・技能を持ち、プログラムの設計・開発を行なう。

●ソフトウエア開発技術者<国>(E)
基本情報技術者の上位に位置する資格。高度な設計・開発の知識が問われる。

●初級システムアドミニストレータ<国>(E)
コンピュータ利用者としての立場から情報システムの知識と技能を持ち、情報化推進を図る。

コンピュータ(デジタルコンテンツ系)

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■マルチメディア科

■CG(コンピュータグラフィックス科)

■ゲームクリエイター科

■Webデザイン科

■コンピュータ・ミュージック科

◆マルチメディアクリエイター

◆CGデザイナー

◆ゲームクリエイター

◆Webデザイナー

◆サウンドクリエイター

●マルチメディアソフト制作者能力認定(E)
マルチメディア関連ソフトについて、関連知識や作品の制作能力を問う試験。 

●マルチメディア検定(E)
デジタルコミュニケーションを行う上で必要となる知識や技能について出題される。

●CGクリエイター検定・CGエンジニア検定(E)
デジタル画像を扱う基礎知識が問われる。

エレクトロニクス

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■電気工学科

■電子工学科

■電気技術科

■電子情報科

■音響工学科

■放送技術科

◆電気工事士

◆電気主任技術者

◆電子技術者

◆通信技術者

◆音響技術者

●電気工事士<国>(A)
住宅の電気設備や工場などの電気設備工事をするために必要な資格。経済産業省認定の専門学校の場合、在学中あるいは卒業時に2種が取得できる。

●工事担任者<国>(B)
通信の末端設備の設計、工事、監督を行う。

●電気主任技術者<国>(C)
電気工事を安全に行うために指揮・監督をする。扱うことが出来る電気工事物の電圧により、第1種から第3種に分かれる。

メカニカル

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■自動車整備科

■電子機械科

■メカニカル科

■航空整備科

■機械設計科

■CAD設計科

◆自動車整備士

◆セールスエンジニア

◆機械設計技師

◆CADオペレーター

◆航空整備士

●自動車整備士<国>(B)
専門学校を卒業すれば2級の認定試験を受験でき、実施試験が免除される。平成14年から1級試験も実施。

●CAD利用技術者試験(E)
機械や建築などをコンピュータで設計・製図する技術力をはかる試験。1級と2級がある。

●航空整備士<国>(B)
航空機の整備・設計を行う。機体の重量によって1等から3等までに分かれる。

土木・建築

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■建築科

■土木建設科

■建築設備科

■インテリア科

■測量科

◆建築士

◆建築設備士

◆測量士

◆土木施工管理技師

◆インテリアプランナー

●建築士<国>(B)
資格は木造・2級・1級に分かれている。専門学校卒業と同時に木造と2級が受験可能。合格後、4年以上の実務経験で1級の受験資格が得られる。

●測量士補<国>(A)
測量士補として2年以上の実務経験をつむと、測量士の資格が得られる。

●インテリアプランナー(D)
インテリアの設計・施工を行う専門家。建築の設計・施工などの知識も必要で、難易度が高い。

環境・バイオ

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■バイオテクノロジー学科

■生命工学技術科

■園芸科

■フラワービジネス科

■自然環境科

■ガーデン設計製図科

■造園緑地工学科

◆科学分析スタッフ

◆機器分析スタッフ

◆バイオ技術者

◆食品販売指導員

◆造園施工管理技士

◆園芸技術者

◆フラワーコーディネーター

●バイオ技術者(B)
バイオテクノロジー学科修了者を対象にした認定試験。上級は大学4年生レベル。

●造園施工管理技士<国>(D)
公園やグリーンスペースの設計・施工を行う。専門学校の関連学科を卒業すれば、2年以上の実務経験で2級、5年以上で1級の受験資格が得られる。

*フラワー関連資格では、観賞用植物の維持管理を行う園芸装飾技士(1級から3級)、生花を使ったアレンジメント、ブーケやコサージュの制作を行うフラワー装飾技能士がある。

看 護

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■看護学科

■助産学科

?

◆看護師

◆助産師

◆保健師

●看護師<国>(B)
専門学校(3年制/准看護師免許保有者は2年制)を修了したあと国家試験を受験する。

●認定看護師(D)
救急、ホスピス、認知症高齢者、新生児など17区分あり、日本看護協会が看護師対象に認定試験を実施する。

●助産師・保健師<国>(B)
看護師養成課程を修了すると、助産師・保健師養成施設への入学資格が得られる。

診療放射線・臨床検査・臨床工学

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■診療放射線学科

■臨床検査学科

■臨床工学科

?

◆診療放射線技師

◆臨床検査技師

◆臨床工学技士

?

●診療放射線技師<国>(B)
医師または歯科医師の指示のもと、X線撮影やCT・MRI、超音波の画像検査、放射線治療等を行う。

●臨床検査技師<国>(B)
尿や便、血液の分析や、MRI、超音波等の機器を使った検査など、病気の診断や治療のための検査を行う。

●臨床工学技士<国>(B)
人工心肺装置・人工呼吸器・人口透析装置など生命維持管理装置のほか、治療に使われるさまざまなME(医用電子工学)機器の操作・点検・保守を行う。

理学療法・作業療法・リハビリテーション

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■理学療法学科

■視能訓練学科

■作業療法学科

■義肢装具学科

■言語聴覚療法学科

?

◆理学療法士

◆視野能訓練士

◆作業療法士

◆義肢装具士

◆言語聴覚士

?

●理学療法士<国>(B)
身体に障害のある人の運動機能回復のため、マッサージや治療体操、電気療法などの物理的療法を行う。

●視能訓練士<国>(B)
眼科スタッフの一員として視機能検査、眼鏡、コンタクトレンズ合わせ、斜視・弱視の訓練治療などに携わる。

●作業療法士<国>(B)
心身に障害のある人に対して、手芸や工芸、園芸など指先を使った作業を通して、社会適応能力養成の指導・訓練に当たる。

●義肢装具士<国>(B)
事故や病気で手足を失った人のために義手や義足などの装具を作製提供して、医師の指示のもとにアフターケアを行う。

●言語聴覚士<国>(B)
聴覚、音声機能、言語機能に障害のある人に対し、その機能回復や維持向上を図るために必要な検査・訓練等の指導を行う。

鍼灸・あん摩・マッサージ指圧・柔道整復

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■鍼灸学科

■鍼灸マッサージ科

■指圧科

■柔道整復科

?

◆はり師

◆きゅう師

◆あん摩マッサージ指圧師

◆柔道整復師

?

●はり師・きゅう師<国>(B)
医療用の鍼やもぐさを使って身体の機能回復を助ける治療を行う。それぞれ独立した資格だが、共通科目が多くダブル取得がふつう。

●あん摩マッサージ指圧師
はり師・きゅう師との共通科目が多く、3資格同時取得を目指す人が多い。

●柔道整復師
「接骨」「ほねつぎ」等の名で親しまれている整形治療技術で、骨折、ねんざ、脱臼、打撲などの治療を行う。

歯科技工・歯科衛生

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■歯科技工学科

■歯科衛生学科

?

◆歯科技工士

◆歯科衛生士

?

●歯科技工士<国>(B)
歯科医師の指示書に基づいて義歯や差し歯、歯冠、矯正装置の作成・修理を行う。

●歯科衛生士<国>(B)
歯科医師の指導のもとに、歯石の除去や薬物の塗布、診断の補助、歯科保健指導等を行う。患者の口腔内に触れられるのは有資格者のみ。

調理・製菓

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■調理師科

■製菓技術学科

■製菓衛生師学科

■和菓子本科

■製パン技術学科

◆レストラン

◆飲食店

◆ホテル

◆食品製造業

◆病院

◆学校

●調理師<国>(A)
調理師専門学校を卒業すると同時に、調理師の資格が取得できる。

●製菓衛生師<国>(B)
製菓衛生師は食品化学知識を持って安全な菓子を作るための国家資格。製菓専門学校を卒業すれば受験資格が得られる。

●フードコーディネーター
メニューの企画立案からテーブルセッティングまで、食をトータル的にコーディネートする資格。

栄 養

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■栄養士科

■管理栄養士科

■健康栄養科学科

◆病院

◆福祉施設

◆学校

◆保健所

◆食品会社

●栄養士<国>(A)
専門学校など厚生労働省の養成施設を卒業すれば無試験で取得できる。

●管理栄養士<国>(D)
給食センターなど大規模な施設で、栄養士の指導や管理を行う上級資格。専門学校卒業者は2年間の実務経験で受験資格が得られる。

●栄養教諭<国>(A)
小・中学校において食に関する指導を行うとともに、学校給食の管理を行う。栄養士の免許に加えて「教職に関する科目」を履修する。

理容・美容

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■理容科

■美容科

■メイク科

■エステティック科

■ビジネス美容科

◆理容師

◆美容師

◆メイクアップアーティスト

◆エステティシャン

◆ネイルアーティスト

●理容師・美容師<国>(B)
理容師・美容師ともに国家試験は年2回実施されている。どちらも専門学校修了後、学科・実技試験を受けて両方に合格すると免許が取得出来る。また、免許取得後3年以上の実務経験をつめば、管理理容師、管理美容師の免許も取得できる。

幼児教育

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■保育科

■保育士養成科

■幼児保育科

■幼稚園教諭養成科

◆幼稚園教諭

◆保育士

◆ベビーシッター

◆児童福祉施設指導員

◆学校保育指導員

●保育士・幼稚園教諭<国>(A)
養成施設に認定された専門学校を卒業すれば、保育士・幼稚園教諭2種の免許が取得できる(1種は大学卒業者)。免許取得後、あるいは卒業見込みの段階で、地方自治体や私立幼稚園あるいは私立保育所の採用試験を受ける。専門学校によって就職先の傾向が異なるので、学校選びの段階で就職実績などを検討することが望ましい。

福 祉

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■介護福祉科

■社会福祉科

■福祉心理科

■精神保健福祉士養成科

◆介護福祉士

◆ホームヘルパー

◆社会福祉士

◆精神保健福祉士

●介護福祉士<国>(A)
専門学校などの養成施設で学べば、卒業と同時に取得できる。

●社会福祉士<国>(D)
3年制の養成学科卒業後、1年の実務経験(生活指導員やケースワーカーなど)を経て資格試験を受験する。

●精神保健福祉士<国>(D)
3年制の養成学科卒業なら1年、2年制の場合は2年の実務経験を経た後、資格試験の受験資格が得られる。ただし、東京都内の養成学科は、現在、大学卒業者を対象とした1年制の学科が大半で、卒業と同時に受験資格が得られる。

会計・ビジネス

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■会計士科

■税理士科

■経営ビジネス科

■情報ビジネス科

■国際ビジネス科

■医療事務科

◆税理士

◆公認会計士

◆経理スタッフ

◆事務スタッフ

◆営業スタッフ

●税理士<国>(E)
試験は11科目のうち5科目に合格すればよく、時間をかけて1科目ずつ取得する方法もある。

●公認会計士<国>(E)
06年から試験制度が変わり、短答式と論文式の2段階に。原則として受験資格の制限はない。

●簿記検定(E)
1級から4級まであるが、経理専門職を目指すなら2級以上を取得しておきたい。

旅行・観光

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■旅行学科

■国際観光学科

■ホテル科

■観光ビジネス科

■国際エアライン科

◆旅行代理店スタッフ

◆ホテルスタッフ

◆エアラインスタッフ

◆添乗員(ツアーコンダクター)

●旅行業務取扱管理者―総合・国内<国>(E)
旅行業界にはツアーの企画・販売、手配、運賃計算、発券、添乗などさまざまな仕事がある。そのすべての仕事を扱うのが旅行業務取扱管理者だ。旅行業法により、旅行業務取扱管理者は旅行業者等のすべての営業所に配置が義務づけられている。国内旅行を扱う「国内」と海外旅行まで扱える「総合」がある。

*ほかに添乗員の資格である旅程管理主任者や、観光英語検定、旅行地理検定、レストランサービス技能検定など業界で役立つ資格・検定がある。

ファッション

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■服飾科

■ファッションデザイン科

■ファッションビジネス科

■アパレル科

■パタンナー科

■きもの科

◆デザイナー

◆パタンナー

◆スタイリスト

◆アドバイザー

◆マーチャンダイザー

●パターンメイキング技術検定(E)
パターン作成やグレーディングに関する技術と知識について理解度や技術能力レベルを正しく評価・認定するもの。1級から3級まであり、試験は筆記と実技。

●ファッション販売能力検定(E)
2級と3級があり、3級はファッションビジネスに就職する際に備えておくべき基本知識・技術を検証する試験。2級は高度で専門的な知識・企画力などを総合的にみる試験。

公務員・法律・不動産

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■公務員学科

■法律行政科

■法律ビジネス科

■行政教養学科

■警察官・消防官学科

◆国家公務員

◆地方公務員

◆行政書士

◆宅地建物取引主任者

●行政書士<国>(E)
法律関係の業務手続を代行する仕事。試験はかなり難関。司法書士事務所で実務を経験しながら合格を目指す人も多い。

●行政書士<国>(E)
官公庁などの行政機関に提出する書類作成を代行する。扱える書類は約7千種で、行政業務の増加に伴って提出書類も急増している。

●宅地建物取引主任者<国>(E)
「宅建」と呼ばれる国家資格。宅地や建物の売買や賃貸の契約の際、物件に関する重要事項の説明は有資格者が行わなければならない。

出版・広告

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■マスコミ広報科

■ジャーナリスト科

■編集専攻科

■DTPデザイン科

■マルチメディア科

◆編集者

◆ライター(記者)

◆校正者

◆エディトリアルデザイナー

◆DTPオペレーター

●レタリング技能検定(E)
レタリングとは雑誌や新聞、広告に使う見出し文字や企業名、商品面のロゴ、単行本やテレビのタイトルをデザインすること。タイポグラフィー、色彩、印刷の知識が必要。資格は1級から4級まであるが、デザイナーとして認められるのは2級以上。

●DTPエキスパート(E)
パソコン画面上で編集・レイアウト・印刷のための作業を行うDTP(デスクトップパブリッシング)の技術と知識を判定する検定試験。

放送・映画・映像

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■放送芸術科

■放送技術科

■映画芸術科

■照明クリエイティブ科

■アニメーション科

◆プロデューサー

◆ディレクター

◆映画監督

◆照明

◆音声

◆脚本家

◆映像カメラマン

◆アニメーター

*どの職種も特別な資格は必要としないが、センスと努力がものをいう世界。専門学校では積極的に授業に参加して知識と技術、センスを磨くことが大切である。

写真・芸術

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■写真科

■広告写真科

■絵画科

■ファインアート科

■マンガ科

◆カメラマン

◆報道カメラマン

◆画家

◆イラストレーター

◆造形作家

◆マンガ家

*芸術的センスや資質がなければ活躍は難しい。しかしそれらを備えていれば、努力次第で将来への道は開かれよう。これらの仕事には資格はいらない。

デザイン

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■グラフィックデザイン科

■ビジュアルデザイン科

■プロダクトデザイン科

■インテリアデザイン科

■ジュエリーデザイン科

◆グラフィックデザイナー

◆CGデザイナー

◆プロダクトデザイナー

◆インテリアデザイナー

◆ジュエリーデザイナー

*資格は必要ないが、現代の花形職種の一つだ。多くの人があこがれているが、この職種もセンスや資質、感性が求められている。

語 学

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■観光英語科

■通訳翻訳科

■英語科

■中国語科

■ロシア語科

■国際コミュニケーション科

■国際エアライン科

◆通訳

◆翻訳

◆外資系ビジネススタッフ

◆語学教師

◆客室乗務員

◆観光ガイド

●TOEIC(E)
英語のコミュニケーション能力を評価する世界共通の試験。合否ではなく5~990点の点数で評価されるスコア制。ビジネスに生かすなら700点以上はクリアしたい。日本の企業でも採用や昇進の判断材料とされている

●実用英語技能検定(E)
「英検」の名で親しまれている受験者の多い試験。読む・書く・話す、の総合能力を検定する。1級は会議の内容を記録でき、討論などで自分の意思を自由に表現することが必要というハイレベル検定である。

音楽・演劇

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■ミュージシャン科

■ヴォーカル科

■演劇科

■声優科

■ダンス・パフォーマンス科

■音響技術科

◆ミュージシャン

◆作曲家

◆俳優

◆声優

◆ダンサー

◆コンサート・イベントスタッフ

*音楽・演劇の分野で活躍するためには、優れた感性が何よりも要求される。資格や検定を取得しても、仕事をする上ですぐに役立つというわけではないが、この世界にも、いくつかの技術力を試す資格がる。

●MIDI検定
電子楽器を活用するための規格について出題される。

●マルチメディアソフト制作者能力認定試験
2級と3級がある。3級はプロデューサー、シナリオライティング、映像制作、CG制作、音響・音楽制作の5つの部門から選択。

*ほかに、●舞台機構調整技能士●ラジオ・音響技能検定などがある。

スポーツ

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■スポーツ健康学科

■スポーツトレーナー科

■スポーツビジネス科

■リゾートスポーツ科

■ゴルフ科

◆インストラクター

◆トレーナー

◆スポーツプログラマー

◆プロスポーツ選手

*特定種目のインストラクター資格は、個々の種目において決められている。たとえばスキューバダイビングの場合は1級から5級があり、1級のみにインストラクターの資格が付与される。

*スポーツクラブなどに勤務するインストラクターは、健康運動指導士や健康運動実践指導者、スポーツプログラマーなどの資格を持っていると有利。

●スポーツプログラマー(E)
公立体育館など地域で指導に当たる1種と、商業スポーツ施設で指導する2種がある。

動 物

学科・コース

卒業後の主な進路

取得可能な資格

■愛犬美容学科

■動物看護学科

■動物調教・飼育学科

■動物管理学科

◆トリマー

◆ペットショップスタッフ

◆動物看護師

◆飼育スタッフ

◆警察犬・盲導犬訓練士

<任意団体が認定するおもな民間資格>

●社団法人ジャパンケンネルクラブ(JKC)認定:トリマーライセンス、ハンドラーライセンス

●社団法人日本愛玩動物協会認定:愛玩動物飼養管理士

●日本動物衛生看護師協会認定:動物衛生看護師(AHT=アニマル・ヘルス・テクニシャン)

●日本小動物獣医師会認定:動物看護師

*ほかにも、トリマー、トレーナーなどの資格を認定する団体が数多くある。

*このコーナーは(社)東京都専修学校各種学校協会発行の「2007 東京都専門学校案内」から抜粋しました。



 
   このページのトップへ